シンポジウム&アーティスト・トーク



昨日、今日と芸術の秋を満喫

シンポジウム&アーティスト・トークの二日間でした


まずは 昨日のシンポジウム

 多治見のギャラリーヴォイス 中島晴美展



        『陶芸の造形について』

d0209344_20544954.jpg




金子先生と中島晴美さん この二人のトーク

どんなものになるのかと興味津津

d0209344_20551277.jpg


同じように大勢の見学者 各地から作家さんや美濃の人間国宝の先生の姿も…


作品は以前からいろんな展覧会で見させてもらってきましたが

今の作品ができるまでの経緯を聞いたのは初めてで 

学生の頃に作られた作品を見て なんとなく今の作品に繋がる物があるな~と思ったり


工芸的造形と陶芸的造形  

土という限られた素材の中で自分の形を見出す
それぞれの力量で範囲は変わるけれど 
可能と不可能の範囲の中で自分の形を見出していく事で個性が出るんだ 

という言葉に励まされた気持になって 帰ってきました



そして 今日は  愛知県陶磁資料館で開催中の

       東海現代陶芸 思考する新世代展

d0209344_2058258.jpg




出品作家 駒井正人氏・五味謙二氏・原山健一氏 による アーティスト・トーク
d0209344_20593264.jpg



こちらも 大勢の見学者

d0209344_21066.jpg



出品作家の1人 五味さんのトークは

生まれ育った長野の景色や故郷の遺跡などの画像をまじえながら

 ~ 作家 五味謙二ができるまで ~ を見せて頂き



土にしかできない形、焼く事でしか出せない質感

陶芸にしかできないことを目指す という言葉がとても印象的で

わかりやすく面白かったです


造形的な仕事をされている 五味さん、原山さんに対して 器物でありながら形を追求している駒井さん

3人3様の制作に対する姿勢を聞けて 勉強になりました 


                                 お疲れさまでした040.gif

d0209344_20581129.jpg


   展覧会は10月2日まで開催中です




 その後  陶芸女子で有名ブロガーのひつじちゃんと 



d0209344_2155524.jpg
d0209344_216165.jpg


ほのぼのとしたウサギとネコのデコレーションに癒されつつも 


今日聞いた話を反復しつつ
熱ーーーーーーーいトークセッションを交わしたのでした

お疲れさまでした040.gif



                       人気ブログランキングへ 工芸ブログランキングに参加しています
                 クリックして応援お願いします
049.gif



お疲れの時は もずくの寝姿で

d0209344_22451471.jpg


        脱力感…
[PR]
by gu-nya7 | 2011-09-11 22:53 | 展覧会
<< 矢筈ススキ 作品① >>